からだ美調律ブログ

~身体を緩めて整え、しなやかな人生を楽しむ♪~

歪みの原因を知っていますか?

LitheLifeStudio代表・からだ美調律講座主催

Hakoです♪

 f:id:karadabityouritsu:20170910072850j:plain

 

昨日は親子プライベートレッスンでした(^^)

 

そのレッスンを通じて、

やはり身体の歪みは根本からアプローチすることが大切だと改めて感じたので、

 

今日は、歪みについてお話したいと思います☆

 

皆さんは自分の身体の歪みが気になりますか?

 

歪みの原因が分かりますか?

 

歪みに対する改善方法は何をしていますか?

 

 

自分でできること、という観点から、よくあるアドバイス

 

筋肉のアンバランスが原因で歪んでいるので、

均等に筋肉が使えるように、

歪んで縮まっている方とは反対側の筋肉をつけてあげましょう。

 

というもの。

 

だけれど・・・・

 

これでは根本解決になりませんね(@-@)

 

筋肉の使い方がアンバランス、

 

ということは

 

アンバランスに使うようになってしまった根本原因があるわけです。

 

だから、

 

その根本原因を改善しない限りは、本当の意味で歪みは改善はしません。

 

では、その原因は何か・・・?

 

やはり、骨盤と股関節の関係に原因があります。

 

昨日のプライベートレッスンでも、

 

娘さんの猫背、左に少し歪むクセの原因を改善すべく、

 

骨盤と股関節の調整を行ったら・・・

 

歪みの根本からアプローチしたので、

 

自然と姿勢が改善されました。

 

なかなか緊張が抜けなかった上半身も、

 

上半身自体を緩めることよりも

 

股関節を調整することの方が、

 

結果として上半身を緩めやすくなりました。

 

 

歪みとして現れている部分は、

 

表面上の「結果」として目に見えているだけで、

 

本当の原因はもっと別、根本的構造にあります。

 

だから、表面に現れている問題にアプローチしても

本当の意味で改善にはなりません。

 

だから、凝り固まった筋肉をもみほぐす、とか、反対側の筋肉を鍛える、というのは根本改善にはなりませんね・・・・。

 

では、自分では改善できないのか?

 

となりますが・・・

 

きちんと知識を持って、

自分の身体の構造を理解して、

身体を緩めて整えていく方法があります☆

 

でも、これには「学ぶ」という姿勢が必要です!!

 

スタジオに来て

 

ただ、「やってください。」というお客様は、

 

残念まがら、私もお役に立つことができません(><)

 

学んで、理解し、ご自宅でも習ったことを継続してくださる。

 

そんな方は、少しずつですが改善していきます♡

 

昨日は、お母様が娘さんに出来ることを学んでくださり、

ご自宅でも継続して娘さんを調整していくことに♪

 

次回のレッスンでどのように変化が見られるか楽しみです(^^)

 

さて、今日はセミナーで皆さんに身体を緩めて整える大切さを伝えていきます!!

 

ランチ会も楽しみです♡

 

今回はご予定が合わなかった方、

平日の方がご都合が良い方、

キャンセル待ちになってしまった方は、

ぜひ、体感レッスン&ランチ会にご参加くださいね♪

 

 詳細・お申し込みはコチラ↓から

 ☆からだ美調律ホームページ

【「からだ美調律」体感レッスン&ランチ座談会☆】

 

どんな方を募集しているの?というご紹介記事はコチラ↓

【体感レッスン&ランチ座談会♡募集開始☆】 

 

皆さんとお会いできますこと、楽しみにしています\(^^)/

 

 

 

 

☆ただ今募集中のセミナー・相談プライベートレッスン・イベント

◇【「からだ美調律」講座開講特別相談プライベートレッスン♡】

 ◇【「からだ美調律」体感レッスン&ランチ座談会♡】

 

 

  

☆「からだ美調律」商標登録出願中☆

ホームページはコチラ

からだ美調律

 

 

☆スタジオホームページはコチラ

 f:id:karadabityouritsu:20170505142353j:plain

 

**********************

 

 ☆お知らせ☆

 

「からだ美調律」セミナーや、

 

次期「からだ美調律」講座開催の

 

優先案内をご希望の方は

 

コチラのお問合せフォームよりご連絡くださいね(^-^)

f:id:karadabityouritsu:20170508102453p:plainf:id:karadabityouritsu:20170508102348p:plain