からだ美調律ブログ

~身体を緩めて整え、しなやかな人生を楽しむ♪~

ボディケアの効果が出やすい身体とは?セラピストさんが、「からだ美調律」を応用♪

LitheLifeStudio代表・からだ美調律講座主催

Hakoです♪

 f:id:karadabityouritsu:20170914081608j:plain

今日は、ボディケアについてのお話です☆

 

ボディケアといってもいろいろありますよね。

 

エステ、リフレクソロジー、リンパマッサージ、

 

筋膜ストレッチ、小顔矯正など、

 

「健康と美」を追求するための施術の方法はたくさん。。。。

 

また、

 

その目的も、

 

痩身、リラクゼーション、健康、デトックス・・・

 

挙げだしたらキリがないほど本当に様々☆

 

施術を受けられるサロンもたくさんあるし、

自分で出来るボディケアの情報もたくさん溢れていますよね。

 

皆さんもいろいろ試したことがあると思います☆

 

成果はいかがでしたか?

 

そして・・・

 

どの施術にとっても、

 

その成果がもっと効果的に得られる、共通の方法があることを知っていますか?

 

そんな方法があったら実践したいですよね?(^^)

 

それは・・・

 

施術前に、「身体を緩めて整えること」♡

 

ここで、

 

「ん?リフレクソロジーやマッサージが身体を緩めるんじゃないんですか?」

「え?筋膜ストレッチで、身体を緩めるんじゃないですか?」

 

などど、思った方もいらっしゃいますよね。

 

それが、違うんですね~♪

 

「緩めようとしている場所」が違うのです☆

 

リフレクソロジーやマッサージなどは、

 

直接、固まっている筋肉をもみほぐします。

 

でも・・・

 

そもそも、そこまで筋肉が固くなってしまう「根本原因」を改善しなければ、

 

簡単に、またその筋肉の固さに戻ってしまいますよね。

 

私が緩めて整えていただきたいのは、

 

筋肉ではなくて、「身体の根本」「骨格」。

 

骨盤・股関節の関係や、肩関節、上半身、脇、足首などを緩めてから

 

ボディケアの施術をしたら、効果が全然違うのです♡

 

すごく簡単に説明すると、

 

身体を緩めて根本から整えてあげることで、

無駄な筋肉の緊張が抜けます☆

 

身体が緩んだことで、血液循環やリンパの流れも自然と良くなります。

 

そこに、いつものボディケアの施術をしてもらったら!?

 

単純に考えても、最初から身体が緩んでいるところに、

いつもの「筋肉自体にアプローチするケア」がプラスされるということですね♡

 

さらに、お客様がご自分で自宅で身体を緩める指導もできたら、

 

日ごろから身体を緩めてもらえるので、

 

だんだん身体の根本から整っていき、

 

どんどんボディケアの施術の効果が出やすい身体になっていきます☆

 

 

「からだ美調律講座」を卒業し、

身体を緩める大切さを学んでお仕事に活かされているボディセラピストさんの、

 

実際の施術とお客様のご感想をコチラ↓のブログ記事でご紹介いただいています♪

【自分なりに「こうした方が良い」と思っていたことが、違っていたことに気が付きました】

 

このセラピストさんは、某大手サロンで働いていたときに、3000人の中から15人のスペシャリストに選ばれた方です。

 

今は、「からだ美調律」と組み合わせた、ご自分のオリジナルメニューを作成されています♡

 

そんな、効果が得られる身体調整を

「からだ美調律」講座で学んでみたいという方は、

 

ぜひ

 

体感レッスン&ランチ座談会♡

 

もしくは、

 

「からだ美調律講座」特別相談プライベートレッスン♡

 

でお待ちしております(^^)

 

詳細はコチラ↓

 

 ◇【「からだ美調律」体感レッスン&ランチ座談会♡】

 

 ◇【「からだ美調律」講座開講特別相談プライベートレッスン♡】

 

 皆さんにお会いできます事、楽しみにしております♪

 

 

 

   

☆「からだ美調律」商標登録出願中☆

ホームページはコチラ

からだ美調律

 

 

☆スタジオホームページはコチラ

 f:id:karadabityouritsu:20170505142353j:plain

 

**********************

 

 ☆お知らせ☆

 

「からだ美調律」セミナーや、

 

次期「からだ美調律」講座開催の

 

優先案内をご希望の方は

 

コチラのお問合せフォームよりご連絡くださいね(^-^)

f:id:karadabityouritsu:20170508102453p:plainf:id:karadabityouritsu:20170508102348p:plain